2010年02月04日

<名古屋食肉公社>保証金15億円回収不能 支払先破産状態(毎日新聞)

 名古屋市の包括外部監査人の堀龍之弁護士は3日、市の外郭団体「名古屋食肉公社」(同市港区)が国のBSE(牛海綿状脳症)対策事業を巡る牛肉偽装事件の舞台となった食肉卸業者の関連団体「愛知食肉卸売市場協同組合」に、冷蔵庫を借りる際の保証金として15億円を支払っていたと明らかにした。組合は現在、事実上の破産状態のため、この保証金は回収不能となる可能性が高い。

 報告書によると、公社は01年8月、市中央卸売市場高畑市場(同市中川区)から同南部市場(同港区)への移転時に同組合から冷蔵庫を借りるに当たり、賃料月3000万円、期間20年の予約契約を締結した。公社は保証金として15億円を東海銀行(現三菱東京UFJ銀行)から借り入れて組合に支払った。

 監査結果では、当時3億円以上の借入金を抱えながら15億円を借り入れた公社が、多額の累積赤字を抱えた組合に支払ったリスクは高く、その決定過程が不透明と指摘。その上で、同銀行への元金返済の開始が2年後に迫るが、堀弁護士は「税金で安易に公社を救済するのではなく、公社の法的整理を含めて検討すべきだ」と話した。

 組合は09年1月、名古屋地裁に民事再生法の適用を申請したが、同年12月に打ち切られていた。【岡崎大輔】

爪切りで有罪判決、「傷害事件ではない」―看護管理学会が意見書(医療介護CBニュース)
<国保保険料>08年度収納率は88% 過去最低(毎日新聞)
強姦致傷で懲役9年=一部否認の裁判員裁判−静岡地裁(時事通信)
民家にカモシカ、夫婦に大けがさせ、物置に“立てこもり” 福島・喜多方市(産経新聞)
東京メトロ丸ノ内線、全線で運転再開(産経新聞)
posted by dbn5xxmntl at 21:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国側が控訴断念=知的障害者の年金不支給訴訟(時事通信)

 知的障害の程度を過小評価され、障害基礎年金の支給を拒否されたとして、滋賀県内の知的障害者6人が不支給決定の取り消しを求めた訴訟で、厚生労働省は2日、訴えを認めた先月19日の大津地裁判決について、控訴を断念することを決めた。
 同省年金局事業管理課は「原告らの個別の症状について、事実認定で争うのは困難と判断した」としている。 

【関連ニュース】
「最低保障年金」の具体化に期待=社会保障で政府に協力姿勢
「勉強見る」と浴室でわいせつ行為=NPO副理事長逮捕

山崎氏ら3氏公認 自民が見送り決定(産経新聞)
地震 「東南海」「三河」の実態 岩手の研究者が本に(毎日新聞)
広島20件放火1人死亡、47歳男に懲役25年(産経新聞)
自殺対策緊急プラン、5日に決定=内閣府(時事通信)
忍野村の協力、真意を確認=普天間問題で官房長官(時事通信)
posted by dbn5xxmntl at 10:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。