2010年05月28日

琴光喜関を事情聴取=野球賭博疑惑で―警視庁(時事通信)

 大相撲の大関琴光喜関(34)=本名田宮啓司、佐渡ケ嶽部屋=が野球賭博の常連客になっているなどと週刊誌が報じた疑惑で、警視庁は22日、琴光喜関を任意で事情聴取した。
 捜査関係者によると、聴取は両国国技館(東京都墨田区)で行われている夏場所取組後に行われたという。
 疑惑は、20日発売の「週刊新潮」で、琴光喜関が賭博の常連客となり、賭博行為の口止め料として暴力団関係者に金を要求されるトラブルになっていると報じられた。
 夏場所中の19日、琴光喜関は報道陣に「まったく知らないこと」と述べ、事実関係を否定。日本相撲協会も琴光喜関や師匠の佐渡ケ嶽親方(元関脇琴ノ若)ら数人から事情を聞いたが、いずれも関与を否定した。 

結婚にまつわるイベントの、希望と実態(Business Media 誠)
国道側溝に男性の切断遺体=胴体と両足、死体遺棄で捜査―新潟県警(時事通信)
首相、中井氏の「宮崎県民は頑固」を擁護(産経新聞)
埋却地提供「できる限り協力」=口蹄疫で、基地周辺用地―防衛省(時事通信)
車内放置で乳児死亡、母親に実刑=裁判員「事件の重大さ分かって」―秋田(時事通信)
posted by dbn5xxmntl at 02:05| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月14日

機関紙配布の元厚労省課長補佐、2審も有罪(読売新聞)

 2005年9月の衆院選投開票日の前日、東京都内の警視庁職員官舎で共産党の機関紙を配布したとして、国家公務員法違反(政治活動の禁止)に問われた元厚生労働省課長補佐・宇治橋真一被告(62)の控訴審判決が13日、東京高裁であった。

 出田孝一裁判長は、求刑通り罰金10万円とした1審・東京地裁判決を支持し、被告側の控訴を棄却した。

 国家公務員による政党機関紙配布を巡っては、同高裁の別の裁判部が今年3月、同法違反に問われた元社会保険庁職員・堀越明男被告(56)について、1審の有罪判決を破棄し、無罪を言い渡していた。

国際バラ展 個性豊かな庭も 西武ドームで12日開幕(毎日新聞)
公務員法修正案を提出=公明(時事通信)
生物多様性の損失止まらず 脊椎動物3分の1が失われたと発表(産経新聞)
キトラ古墳 四神の壁画、幼稚園児らに公開 奈良(毎日新聞)
線路に男性、朝ラッシュ2.3万人影響 大阪市営地下鉄千日前線(産経新聞)
posted by dbn5xxmntl at 14:42| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。